鼻の角栓持ちの共通点

角栓が目立つ原因・過去のきっかけから探る!

20代後半から目立ってきたような気がします。原因で思いあたるのは代謝が悪くなってきたこと。肌が乾燥したりテカリもひどくなってきたこと。食生活が段々乱れてきたこと。角栓を爪で無理やり出したりしていること。

30代 【角栓状態】毛穴が目立ちたまに角栓が飛び出している

気になり始めたのは20歳前後です。そんなに特別角栓が気になっていた訳ではありませんが、毛穴パックが出始めて使ってみたところ、角栓が取れるものの毛穴が開いたままになってしまい、汚れがたまりやすくなったのだと思います。

40代 【角栓状態】毛穴が詰まった感じで目立ちます

角栓が気になるようになったのは高校生の時。ちょうどビオレの毛穴スッキリパックが流行り始めた頃でした。剥がした時に角栓が付いてるのが爽快で週1回の頻度で使用していたら、毛穴が開いてきたようでした。軽く化粧を始めたのもこの頃なので、より角栓が溜まりやすかったようです。

33歳 【角栓状態】爪で小鼻を押すと角栓が出てくる

最近は子育てで忙しくお肌の手入れがほとんどできていない状態です。最近は暑くて汗をよくかくせいか、顔全体が脂っぽくてとくに鼻のあたりはベトベトします。最近鏡で自分の顔を良く見ると、鼻の部分がポツポツしていてしかも黒っぽく汚れているように見えます。

30代後半 【角栓状態】毛穴がポツポツして黒っぽい

中学3年生頃から角栓が目立つようになりました。もともと四人兄弟の中で顔が脂っぽい方でも他の家庭の子と比べたら全然綺麗な方でした。なのに家族からは肌が汚いと言われ、思春期になり気にし始め剥がすタイプの鼻パックをした頃からひどくなったように思います。

28歳 【角栓状態】昼過ぎになると角栓が飛び出してくる

角栓を気にするようになりだしたのは、中学生の頃からです。実際目立ち始めたのは、高校生になってからでした。体重が増えて、皮脂量も増えてきており、背中にニキビなどもできやすい時期でした。角栓を押し出す器具を買ったり、鼻の毛穴パックもしょっちゅうしていました。

30代 【角栓状態】毛穴の黒ずみが目立ち、ちょっと押すと角栓が出てくる

30歳を超えたくらいからはじめは小鼻のテカりが目立ちはじめ、今までは小鼻の毛穴は開いたままだし、鼻先はイチゴ鼻状態です。気になり出してから、頻繁に小鼻パックをしたり、毛穴ケア用品を使うようになったんですが、よくなる気配もなく、ひどくなっているような気がするので、ケア用品がよくなかったのかもしれません。

36歳 【角栓状態】洗顔後も角栓が飛び出ている

30代後半から鼻の角柱が目立って来るようになりました。原因は若い頃からのスキンケアと加齢によるたるみが原因だと思います。若い頃、きちんと紫外線対策をしていればこんなに目立たなかったんじゃないかと思います。あと、面白がって角柱を絞り出すこと。これが原因で毛穴がさらに大きくなってしまったと思います。

40代 【角栓状態】毛穴が白い角柱で蓋をされている

気になり始めたのは高校生になった位だったと思います。特に思い当たるような原因はありませんが、小さい頃からアトピー肌で、顔の肌荒れが体の他の部分よりも酷かったです。そのため、毎日保湿の薬などを欠かさず塗っていました。

24歳 【角栓状態】お風呂上がりに小鼻の周りの白い角栓が目立つ。

角栓が目立つようになったのは化粧を始めた10代後半から20代の頃です。顔全体のケアに比べて鼻のケアを特別にしていなかった事や、若い頃は日焼けに対して無頓着だったこともあり、紫外線などや、お手入れ不足で毛穴の皮脂を放置してしまった結果、皮脂が酸化して黒ずみになった様に思います。

50歳 【角栓状態】毛穴の角栓が目立ついちご鼻

鼻の角栓は取ろうとしてはダメ

鼻の角栓は綺麗に取ろうとすると余計に悪化します。

鼻の皮膚は肌水分量が少なく、角質も剥がれやすいためです。

角栓を綺麗にしようとすればするほど角質層が薄くなり刺激に弱くなります。その結果、刺激から守るために余計に皮脂が出ようとします。すると毛穴は広がるし、角栓もできやすくなります。

cf.鼻の角栓サヨナラ.net

頬やおでこに角栓ができないのは、それだけ皮膚がしっかりしているからです。また毛穴のサイズ自体も小さいからです。

そのため頬やおでこの毛穴ケアと同じつもりでやると後悔することになります。

鼻の角栓は取るのではなく、出やすくして溜めないというのが正解なんですね。

Copyright (C) 2016 鼻の角栓持ちの共通点 All Rights Reserved.